汚部屋住人は通販禁止。片付けたい人へ脱通販のすすめ

マインド

こんにちは、元通販大好き汚部屋住人のアガタです。

通販(ネットショッピング)って便利ですよね。

重い荷物も玄関先まで運んでもらえて大変重宝します。

ネットショッピング利用者も年々増え今後の通販需要は更に高くなっていくことでしょう。

ですが、汚部屋住人は通販をしない事を強くオススメします。

今回はその理由について話していきたいと思います。

 

※今回のテーマは主に衣類の通販を指します

スポンサーリンク

通販はやめておくべき理由

 

当たり前ではありますが、

通販は「現物」を見れません。

「現物」を見れない=「イメージ」が湧きにくい

です。

例えば衣類などの洋服、

モデルさんが素敵に着こなしていたので購入してみたものの、

自分には全然似合わなかった、

着てみた雰囲気、シルエットがモデルさんのようにならない、

キツイまたはブカブカでサイズ感が合わない、

・・・など。

 

同じ「Mサイズ」でもメーカーによって数字は違いますし、

いくら数字を確認したところで自分で試着することが出来ないので、

「合わなかった」

という確率は実店舗で購入するよりも

どうしても高くなってしまいます。

モデルさんや、撮影するカメラマンさんはプロであり、

商品をいかに良く見せるかがポイントとなるので、

自分で着用すると思ったようにならないのは仕方のない事です。

(メーカーによっては画像の加工が酷く現物と全然違うことも・・・!)

 

他にも

「質感」

が思っていたのと違った、

ということもありますので、

衣類に限らず家具などを購入する際も注意が必要です。

 

このような点から片付けたい人こそ

通販(ネットショッピング)はやめておくべきなのです。

 

ですが安心して欲しいのが通販は

片付けられる人でも難しい

です。

通販→着る物が無い→通販の無限ループ

 

上記で述べた「現物が見れない」デメリットですが、

これは殆どの人が分かっているハズなのです。

にも拘わらず、ついつい購入ボタンをポチリとしてしまい、

汚部屋から抜け出せない・・・洋服の山が沢山・・・

買っても買っても着る服が無い、そんなタイプの人は、

よく考えて物を購入をしていない証拠です。

 

確かにネット通販は便利で実店舗ではあまり見かけないような

素敵なデザインの物がお手頃価格で販売しているのを見かけます。

ですが、海外製の物に多くありがちな

縫製が雑で生地が透けるくらいペラペラ、

1度着用したら毛玉になる、破ける、

お値段なり、またはそれ以下の質感であったりすることが経験上多かったです。

また、画像の加工が激しく実物とは似ても似つかない、

某ブランドのタグ(コピー品)が付いた物が送られてきたこともありました。

残念ですが大手ショッピングモールで出店している店舗でもこんなことがあります。

実店舗では見かけないような、

どんなに素敵なデザインを通販上で見つけても

着れなければ無いのと同じです。

 

このような事をアガタは何年もかけて、

ようやく気付き、通販の無限ループを脱出することができました。

片付けたければ、まず通販をやめましょう。

 

通販しても良い商品もある

 

片付けを維持する上での通販の正しい使い方、

それは実物がどんな商品か分かっている物に絞る

という事です。

 

つまり衣類ならば

実店舗で現物を確認済みや購入したことがあるメーカーの物で

サイズ感、質感などが分かっているモノです。

 

アガタの場合、ユニクロやAZUL BY MOUSSYのベーシックな物は

質感やサイズ感を把握しているので通販対象です。

ちょっと形が特殊な物などは実店舗が近くにあれば確認し、

無ければ本当に着用するかどうかを数日~数週間考えるようにしています。

そしてそこで売り切れてしまえばご縁が無かったということで諦めます。

 

衣類以外ならば洗剤等の生活用品は購入OKとします。

ただし、ここでも使用した事のあるもので。

「新しい柔軟剤が発売されたから匂いは分からないけど試してみよう!」

等、片付けられないうちはNGです。

捨てずに放置する未来が見えます・・・。

 

衣類を頻繁に買うことは無いですが、

アガタも生活用品については毎月Amazonで購入していますよ。

 

失敗しない、無駄な買い物をしない為に

 

片付けが得意でも苦手でも共通して言えることは

現物を見てから購入することは失敗しにくい

ということです。

 

ですが、片付けられない人の場合は

購入を失敗しても確実に溜め込みます。

 

片付けられる人の場合は購入に失敗しても潔く人にあげたり、売ったり、処分したり・・・

とにかく自分の手元から手放すのが早いのです。

何となく購入ボタンをポチポチしてしまう癖のある人は、

とりあえずカートに入れ、

すぐに購入画面へ進まずに

「本当に必要か??」

と立ち止まる癖をつけましょう。

 

もちろん今でもアガタは稀に失敗をしますし、

過去には購入を失敗しても溜め込んでいました。

ですが、今では物の出口を決めており

万が一失敗しても手放すのが早いです。

メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ
CMで話題!フリマアプリ「メルカリ」は、スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリです。購入時はクレジットカード・キャリア決済・コンビニ・銀行ATMで支払いでき、品物が届いてから出品者に入金される独自システムで安心です。

↑アガタはメルカリ出品か近所のリサイクルショップへ持ち込む事が殆ど。

 

片付けが出来ないうちは

兎にも角にも新たに物を入れない事!

その為には自宅から気軽に購入出来てしまう通販は

禁止すべきなのです。

片付けられるようになったら利用を再開しましょう。

 

 

 

洋服の減らし方。服が多い人の捨て方と選び方を考える。

ミニマリストってなんだっけ?アガタが増やしまくっている物の話し。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました